新着情報NEWS

新着情報

大分県建築士会で行われるイベントや研修会など新着情報をご紹介しております。

【説明会】省エネ住宅ポイント制度及び長期優良住宅化リフォーム推進事業等に関する説明会の開催ご案内

更新日:2015/1/16(金)

 平成26年12月27日に閣議決定された「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」に盛り込まれた省エネ住宅に関する
ポイント制度についての説明会を、全国47都道府県にて事業者向けに国土交通省担当官が行います。

★大分県での開催
 *日  時:平成27年 1月29日 (木)  10:00
 *場  所:大分市 コンパルホール
 *説明時間:1時間程度を予定(開始30分前に開場)
 *内  容:主に以下について説明します。
       ・長期優良住宅化リフォーム推進事業(活用事例について)
       ・省エネ住宅に関するポイント制度(制度概要について)
 *講  師:国土交通省担当官
 *参 加 費:無 料
 *参加方法:説明会の申込みは以下の方法で受付します。
       [1]電話による申込み: 0120-301-920
       [2]FAXによる申込み: 0120-301-925(参加申込書あり)
       [3]インターネットでの申込み:https://krs.bz/jyutaku-setsumeikai/m/j2015

※リフォーム減税制度に関する冊子「住宅リフォームの税制の手引き本編・証明書記載例、告示編、通達編」の改訂作業が終わり、
リ推協 HP「リフォームの減税制度」に掲載いたしました。
 詳細は、下記URLです。
   http://www.j-reform.com/zeisei/index.html

国土交通省 説明会案内ページ

PDFをご覧いただけます  ≫省エネ住宅ポイント制度及び 長期優良住宅化リフォーム推進事業等に関する説明会 案内&申込書

【講演会】建築構造用鋼材と利用技術セミナー」開催のご案内

更新日:2015/1/5(月)

 日頃身近に使っている鉄骨も結構奥が深いのです。以外と知らない生産工程、溶接の種類、製品の性能評価などなど・・・今回は協同組合大分県鉄構工業会と共催し鉄骨造建物の鋼材の基礎知識、鉄骨の特徴とその利用技術に関するセミナーを開催します。是非ご参加ください。

●日 時:平成27年 2月 5日(木)13:30〜16:00
●会 場:コンパルホール 3階 304会議室    ●入場無料
●講義科目/講師
  1)「鉄骨造建築物の設計から竣工まで」
      建築鉄骨の未来〜日本の建築を支える鉄骨加工業〜(DVD視聴)
  2)「鉄骨の性能評価とは?」
      講師 大分大学工学部 福祉環境工学科教授 菊池健児 氏
  3)「建築構造用鋼材の基礎知識」
      講師 日本鉄鋼連盟新日鉄住金㈱大阪支社 建材開発技術室主幹
         澤泉紳一 氏(鉄連「公共建築物の鋼構造化推進委員会」委員)
  4)「鉄がサポートするこれからの建築物」
      講師 同上

●定 員:50名(定員になり次第締め切ります)     ●CPD:2単位
●申込み先:別添の申込書に必要事項をご記入のうえ、平成27年1月29日(木)までにメールまたはFAXにて
      下記の申し込み先へお申込み下さい。受付済み受講番号をお申込み頂いた方へ返信致します。
     (公社)大分県建築士会事務局 大分市城崎町1丁目3番31号
       Email:info@oita-shikai.or.jp / FAX:097-532-6635 / 電話:097-532-6607

主催:公益社団法人 大分県建築士会 共催:協同組合大分県鉄構工業会
後援:大分県、一般社団法人日本鉄鋼連盟、一般社団法人全国鐵構工業協会

PDFをご覧いただけます  ≫「建築構造用鋼材と利用技術セミナー」 案内&申込書

【お知らせ】年末年始の業務について

更新日:2014/12/26(金)

年末年始の業務について、下記のとおりです。

 * 業 務 終 了   平成26年12月26日(金) 17:00まで

 * 年末年始休業  平成26年12月27日(土)〜平成27年 1月 4日(日)

 * 業 務 開 始   平成27年 1月 5日(月) 8:30から

何卒、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

【講演会】「歴史的建造物の保存・活用と防火対策〜火災から文化財を守る術を学ぶ〜」

更新日:2014/12/25(木)

1月26日の文化財防火デーです。それに因み、下記内容にて講演会を開催いたします。

■概 要:文化財を火災、震災その他の災害から守るとともに、歴史的な価値を有する建造物を継続的に保存・活用するためには、
     構造的な安全性とともに防火・避難上の安全性が重要なポイントとなります。
     京都の町屋など伝統的な木造建築物を火災から守る術の研究、実践の先駆者である安井昇氏を講師にお招きして歴史的
     建造物の保存・活用と防火対策について学びます。


■日 時:平成27年 1月26日(月)14:30〜16:30

■場 所:コンパルホール3階 多目的ホール

■参加費:無料

■CPD単位:2単位

■講 師:桜設計集団1級建築士事務所代表 早稲田大学理工学研究所研究員
     安井 昇 氏

■申込方法:申込書にご記入の上、1月22日(木)までに、事務局までFAX(097-532-6635)又はメール(info@oita−shikai.or.jp)
      にてお申し込みください。
      ※講演会チラシ及び申込書は、PDFをご覧ください。

PDFをご覧いただけます  ≫文化財デー 講演会案内&申込書

平成26年度第4期「建築士定期講習」(H27.2.26 開催)受付期間中です。

更新日:2014/12/19(金)

11月25日(火)より第4期「建築士定期講習」の受講申込を受付中ですが、まだ定員に余裕がありますので、今申し込みをされる場合は平成27年2月26日(木)受講分として受付できます。

*受講申込書がお手元に無い方は、下記(公財)建築技術教育普及センターのホームページよりダウンロードできますのでご利用ください。
* 申込書の配布は建築士会本部及び各支部( http://www.oita-shikai.or.jp/members/ )でも行っています。

* 申込方法は、持参または郵送(郵送の場合は返信用封筒が必要)になります。
* 申込についての詳細が知りたい方は下記PDFをご覧ください。

平成26年度一級・二級・木造建築士定期講習申込書関係書類ダウンロード ←ココから

PDFをご覧いただけます  ≫第4期定期講習 申込について

専攻建築士の申請受付のお知らせ

更新日:2014/12/9(火)

専攻建築士の申請受付を1月より開始します。
(受付期間についてはお問合せください。TEL:097-532-6607)

このたび制度改正が行われ、大きな改正点は下記のとおりです。

①審査、認定の時期の一元化(全国統一)
②新規申請の認定要件の簡素化
③更新申請の認定要件の簡素化(CPD単位のみの確認)
④専攻建築士管理システムの導入(更新申請作業のWEB化)
⑤更新費用の値下げ(領域数に関係なく9,000円)

※ Web申請が出来ない方は、①建築士会非会員の方 ②領域、分野を追加される方 です。
※ 書面による申請も受け付けております。建築士会事務局へご持参ください。(書類が必要な方はお渡し致します。)
※ 以前専攻建築士だった方は、新規ではなく更新の手続きとなります。
※ 上記⑤については、書面申請の場合は費用が異なります。
 
★ 制度改正については、会誌「2014年 建築士 6月号(P.48〜)」に載っています。
★ 専攻建築士についての詳細は、下記連合会のホームページをご覧ください。

(公社)日本建築士会連合会 専攻建築士のページ

【お知らせ】「小規模建築物を対象とした地盤・基礎について〜建築主にカッコよく説明しよう〜」申込受付締切ました

更新日:2014/11/14(金)

先日より募集しておりました「小規模建築物を対象とした地盤・基礎について〜建築主にカッコよく説明しよう〜」について、おかげさまで募集定員に達しましたので、申込受付を締め切らせていただきます。

多数のお申込みありがとうございました。

【お知らせ】平成26年度第3期「建築士定期講習」(12/3開催)現在受付期間中です。

更新日:2014/11/4(火)

8月1日(金)より第3期「建築士定期講習」の受講申込を受付中ですが、まだ定員に余裕がありますので、今申し込みをされる場合は12月3日(水)受講分として受付できます。

*受講申込書がお手元に無い方は、下記(公財)建築技術教育普及センターのホームページよりダウンロードできますのでご利用ください。
* 申込書の配布は建築士会本部及び各支部( http://www.oita-shikai.or.jp/members/ )でも行っています。

* 申込方法は、持参または郵送(郵送の場合は返信用封筒が必要)になります。
* 申込についての詳細が知りたい方は下記PDFをご覧ください。

平成26年度一級・二級・木造建築士定期講習申込書関係書類ダウンロード・・・ココから

PDFをご覧いただけます  ≫第3期定期講習 申込案内

【講習会】「建築士業務の紛争・保険・処分事例&けんばい解説講習会」

更新日:2014/10/31(金)

【趣旨】平成26年6月27日に公布された改正建築士法により、建築士事務所及び管理建築士の契約責任の明確化が位置づけられ、
    書面契約の義務化、設計業務等に関する損害賠償保険の契約締結努力義務化、求めに応じた建築士免許証の提示義務化など建
    築紛争の増大・長期化に伴った法改正が来年平成27年6月までに施行されます。
    このたび、こういった状況に対応するために建築士業務を取り巻く様々な紛争事例等を学び適正な業務の遂行に資するととも
    に、併せて実務に即した建築士損害賠償保険制度「けんばい」の適用事例の解説講習会を開催します。

◎日 時:平成26年12月18日(木) 13:30〜16:45

◎会 場:アートプラザ研修室(旧県立図書館)

◎定 員:40名(定員に達し次第締切)

◎使用テキスト 「建築士業務の紛争・保険・処分事例」
         編著:公益社団法人日本建築士会連合会 建築士業務責任検討部会  発行:大成出版社(定価 3,000円)

◎講習内容:講義1 DVD講義  13:30〜15:35
          ・建築士の法的責任と義務 / ・建築士業務の紛争事例(70事例)
          ・建築士業務の保険適用事例(19事例) / ・建築士の処分事例(137事例) 
      講義2 建築士損害賠償責任保険制度「けんばい」の解説  15:45〜16:45
          <講師> 株式会社エイアイシー 安東 正博 氏

◎受講料(テキスト代別途):<士会会員> 無料   <一般> 2,000円

◎CPD:3単位

◎申込方法:申込書にご記入の上、12月5日(金)までに、事務局までFAX又はメールにてお申し込みください。

☆申込書および詳細は下記PDFをご覧ください。

PDFをご覧いただけます  ≫申込書&詳細

【講習会】「小規模建築物を対象とした地盤・基礎について 〜建築主にカッコよく説明しよう〜」

更新日:2014/10/31(金)

【趣旨】小規模建築物の敷地地盤の評価、基礎構造選定等について、主に戸建て住宅の建設に携わっている建築士、工務店担当者等を
    対象に、小規模建築物の地盤調査と基礎設計に関する技術水準の向上を図るものです。
    自信を持って建築主に説明していただけるように、実務に合う内容で詳しく解説します。また、小規模建築物の基礎(布基
    礎・ベタ基礎)の設計も学んでいただけます。

■日 時:平成26年12月12日(金)  13:30〜16:30

■会 場:ホルトホール大分409会議室

■定 員:30名(定員に達し次第締切)

■使用テキスト:建築技術者のためのガイドブック「小規模建築物を対象とした地盤・基礎」
     <発行>一般社団法人 日本建築学会 2014年4月10日出版(定価 2,000円)

■講習内容:講義1 基本事項・地盤調査・地盤の安全性評価 
      講義2 基礎及び地盤補強工法の選定・地盤設計例・工事監理・基礎の障害と修復

■CPD:3単位

■受講料(テキスト代含む:<士会会員>3,000円  <一般>5,000円

■申込方法:申込書にご記入の上、12月5日(金)までに、大分県建築士会事務局までFAX又はメールにてお申し込みください。

★ 申込書および講師等詳細は、下記PDFをご覧ください。
      


PDFをご覧いただけます  ≫詳細&申込書

【Page】 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 


交通アクセス

CPD

専攻建築士

昇降機センター
üPAGETOP